不動産投資で一棟マンションのメリットとデメリットとは

一棟マンションの投資のメリットとは?

低金利政策のため、自分の資金を銀行に預けていたとしてもお金が増えません。ですから、近年マンション投資を始める人が増えています。

 

では、一棟マンションを投資するのは自分に合ったものでしょうか?これから一棟マンションの投資のメリットについて考えてみましょう。

 

区分所有のマンション投資だと通常、土地の所有権が部屋の面積に応じた共有持分になりますが、一棟マンションを投資する場合、建物だけでなく土地も投資の対象になります。

 

一棟マンションは、まとまった土地があるため、老朽化した時には取り壊して新たなマンションを建てたり、転売することが可能です。

 

また、資産価値があるため、金融機関が担保として見てくれますので、融資が受けやすくなります。さらに、一棟マンションなので、まとまった部屋数を所有するため、空室のリスクを抑えられます。

 

ですから、安定的な収入を得ることが可能です。また、マンション管理費の改定や賃料、修繕の時期も自分で決めることができます。

 

一棟マンションの投資のデメリットとは?

一棟マンションの投資のデメリットとしては、修繕計画や積立金を管理しなければならないことです。区分マンションは、管理会社に修繕積立金や管理費を払っているので、管理会社が計画してきちんと実施してくれます。

 

しかし、一棟マンションは修繕だけではなく、定期点検の費用も自分で支払い、管理しなければなりません。マンションの清掃や苦情の管理など、対応する時間や労力が求められます。

 

また、一棟マンションの投資は部屋すべてを所有することになるので、投資エリアの判断を誤ると、空室を埋めるのに苦労します。近くにあった大学が移転したり、近くに新しいマンションが建築されると、投資物件が影響を受けやすくなります。

 

さらに、区分所有であれば数千万円程度で購入することができますが、一棟マンションの投資は億単位になります。頭金を3,000万円としても、借入金が7,000万円以上になります。

 

変動金利でローンを組むと金利上昇の影響を受けることになりますから、一棟マンションの投資は慎重に検討する必要があるでしょう。

 

一棟マンションを買う前に

一棟マンション投資を考える時には、事前計画が大切です。一棟マンションの立地条件はどうか、借りる人のことを考えた間取りになっているか、家賃設定をどうするかなど最初によく考えて決定するなら、リスクを最小限に抑えられます。

 

自分だけで決めるのではなく、不動産会社などに相談するなど、不動産投資に詳しい人に力になってもらうならば安心して始められることでしょう。

はじめてみよう!不動産投資