おすすめ業者一覧と評判のよい不動産投資会社ランキング

使っておきたい不動産投資のサービス会社をご紹介します

不動産投資をする際に、とりわけ初心者の方は、詳しいサイトで、または詳しい会社に相談し、アドバイスを受けることも大切です。ここで、実際の状況に詳しい幾つかのサイトや会社をランキングでご紹介します。

それぞれの会社の詳細については、掲載されているホームページや、本サイトに掲載されているそれぞれの会社やサイトの評判も確認することができます。

 

情報収集のために、各社の【無料での資料請求・相談・セミナー】をぜひ利用してみてるとよいでしょう。比較のために複数社のご利用がおすすめです。

 

イエカレ【無料資料請求】

イエカレ

イエカレの特徴

イエカレというサイトがあります。イエカレとは、インターネットの広告やウェブサイトのデザインを主に行っている株式会社グローバルサーチが運営している、日本最大級の不動産総合比較サイトで、多くの企業と提携しているポータルサイトです。インターネット広告業のマーケティングで培ったノウハウを不動産サイト運営に応用し、良質な不動産業者と情報を共有しています。

例えば、不動産のことについて個別に気軽に相談したり、物件の査定をしてもらうことができます。査定をしたい物件情報や連絡先を入力するだけで査定依頼は完了です。
それから依頼をした不動産会社から査定の結果が届きます。正確な査定額を知りたい場合は、訪問査定の希望を出すようにします。査定された結果をもとにして、依頼した不動産会社を比較することができます。
他にもこのサイトには、不動産取引の悩みの解決に役立つ、「不動産の知恵袋」というコラム記事が載せられている箇所もあります。役立てることができます。

まずは、アパート経営プランを相談してみましょう。無料で資料請求ができます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
イエカレの総評
  • 良質な不動産業者と情報を共有しています
  • 動産のことについて個別に気軽に相談
  • 依頼した不動産会社を比較することができます
詳細レビューへ公式サイトへ

 

不動産の窓口【無料相談】

不動産の窓口

不動産の窓口の特徴

次に、不動産の窓口です。不動産投資をこれからはじめてみたいという方に無料相談に応じて、ご要望に合わせた会社を紹介してくれるサービスです。不動産の必要事項を記入することにより、複数の会社の最低金額が6〜10社くらい提示され、不動産業者を紹介してくれます。

 

不動産投資に興味はあるけれど、リスクが大きそうなど、悩みがある場合などに、無料相談ができるようになっています。
運用のプロに相談でき、基本的な知識やノウハウなどを提供してくれます。この無料相談の申し込み方法は簡単です。無料不動産投資相談申し込みフォームに必要事項を入力し、利用規約に同意し、送信すれば良いのです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
不動産の窓口の総評
  • 複数の会社の最低金額が6〜10社くらい提示
  • 無料相談ができます
  • 基本的な知識やノウハウなどを提供
詳細レビューへ公式サイトへ

 

オーナーズライフ【無料相談】

オーナーズライフ

オーナーズライフの特徴

オーナーズライフでは、オーナーズライフ専属の「コンシェルジュ」が用意されており、不動産投資に強い、厳正な基準をクリアした確かなプランナーに相談できますので安心です。

 

さらに、不動産の不安や知りたいことを何でも親身に答えてくれます。不動産投資の相談だけでも大丈夫です。
また、今まで蓄積してきた、たくさんの投資計画の中からそれぞれのケースに合わせてベストな提案をしてくれます。電話での問い合わせもできますし、ホームページから、申し込みフォームに必要事項を入力し、利用規約に同意し、送信することもできます。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価3.5
オーナーズライフの総評
  • 不動産の不安や知りたいことを何でも親身に答えてくれます
  • たくさんの投資計画の中からそれぞれのケースに合わせてベストな提案
  • 電話での問い合わせもできます
詳細レビューへ公式サイトへ

 

シノケン【無料資料請求】

シノケン

シノケンの特徴

シノケンは、不動産投資家向けに新築アパートをメインに販売している会社です。シノケンは、2002年に不動産会社としてジャスダックに上場するほど大きな会社です。シノケンの事業所は、東京・名古屋・福岡・仙台・大阪・札幌といった主要都市で展開しています。金融機関からも高く評価をされており、日本で初めて100%融資でアパート経営を可能にしました。

 

シノケンでは、無料、個別、安心の無料個別相談会も開催されており、完全予約制となっています毎月200組ほどの方が参加しています。
全て無料で、収入に合わせて、個別に無駄なく利益を繋げられるよう、最適な投資プランを細かにシュミレーションしてくれます。質問だけでも大丈夫で、強引な勧誘は一切行われませんので、安心して利用できます。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
シノケンの総評
  • 不動産投資家向けに新築アパートをメインに販売
  • 無料、個別、安心の無料個別相談会も開催
  • 最適な投資プランを細かにシュミレーション
詳細レビューへ公式サイトへ

 

ベルテックス【無料セミナー】

ベルテックス

ベルテックスの特徴

ベルテックスの収益物件はすべて売主物件として案内されているため、高額な仲介手数料を払うことなく、数万円程度の手付金で不動産投資を始めることができるようになっています。

 

マンションシリーズ「VERXEED-ベルシード-」だけでなく、首都圏アパートシリーズ「VERMENT-ベルメンド-」もベルテックスが開発しています。中古物件も用意されています。さらに、賃貸物件管理事業を部門として独立して設けており、コストパフォーマンスの高い保守や管理を提供しています。
また、ベルテックスでは常に変化する不動産のニーズや最新トレンドに合わせた新しい物件や資産形成方法を紹介する無料セミナーを定期的に開催しています。ベルテックスのセミナーは、年間2,400人ほどが参加する人気のセミナーとなっています。
ベルテックスで投資物件の購入を検討しているなら、お客様相談室に電話にて相談することができるようになっています。
メールでの相談も可能です。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
ベルテックスの総評
  • すべて売主物件として案内
  • 無料セミナーを定期的に開催
  • お客様相談室に電話にて相談することができる
詳細レビューへ公式サイトへ

 

セオリーファクトリー【無料セミナー】

株式会社セオリーファクトリー

株式会社セオリーファクトリーの特徴

株式会社セオリーファクトリーは、不動産の総合コンサルタントとして顧客の資産設計のお手伝いをし、不動産投資を提案している会社です。主に京都駅周辺や、神戸三宮エリア、大阪駅のアクセスが良いエリア等、京阪神の人気物件を取り扱っているマンション投資会社です。

自社マンションブランド「セオリーマンションシリーズ」を販売しています。賃貸管理も手掛けているので、購入に加えて管理まで任せることが可能となっています。ホームページでは、マンション投資を始めるにはどれくらいの資金が必要かとか、マンションの寿命はどれくらいか、将来転売することができるかなど、よくある質問に対する答えも掲載されています。
株式会社セオリーファクトリーでは、定期的に無料の不動産投資セミナーも開催されています。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
株式会社セオリーファクトリーの総評
  • 不動産の総合コンサルタントとして顧客の資産設計のお手伝い
  • 京阪神の人気物件を取り扱っているマンション投資会社
  • 定期的に無料の不動産投資セミナーも開催
詳細レビューへ公式サイトへ

 

ティー・フィック【無料相談】

株式会社ティー・フィック

株式会社ティー・フィックの特徴

株式会社ティー・フィックは、東京都心部限定で非公開中古物件のマンション投資を頭金0円から始められる、マンション経営無料レクチャーをしている会社です。この会社でしか紹介できないお勧めの物件も多数あり、提携ローンにより低金利での融資が可能となっています。

 

無料相談をすることができます。無料相談件数は、10,000件突破しました。マンション経営の無料の流れとしては、申し込みフォームに入力し、利用規約に同意の後に送信すれば無料相談の申し込みをすることができます。
送信から1週間以内に、株式会社ティー・フィックが提携する不動産会社から連絡が入ります。希望の日時を伝え、無料相談の日時が決まることになります。ホームページから、メールでのお問い合わせも可能となっております。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
株式会社ティー・フィックの総評
  • 東京都心部限定で非公開中古物件のマンション投資
  • 無料相談をすることができます
  • ホームページから、メールでのお問い合わせも可能
詳細レビューへ公式サイトへ

まずは「不動産投資」の仕組みを知ろう

これから、不動産投資を始めてみたいという初心者の方も多いことと思います。しかし、安易に手を出して失敗してしまう人も大変多いようです。はじめるなら、その前ににしっかりと情報収集をしておくことが成功するために必要です。

 

勉強することは大変ですし、ネット上には実に様々な情報が飛び交っており、どれを信じればよいのかさえよくわからないようになっています。そこで、当サイトで不動産投資について初心者でもわかりやすいように解説しています。失敗することのないようにじっくりとお読みください。

 

どのようなものでしょうか

不動産投資とは一体何でしょうか。それは、利益を目的として不動産に投資をすることです。

 

家賃収入(インカムゲイン)とは

インカムゲインは、所有をすることによって、継続的、安定的に得られる利益のことを指しており、この分野であれば、家賃収入にあたります。

 

売却益(キャピタルゲイン)とは

キャピタルゲインとは、安い時に物件を購入して、高くなったところで売却をし、その差額により利益を得る方法です。

 

まずは「不動産投資」の仕組みを知ろう

不動産投資とは一体何でしょうか。それは、利益を目的として不動産に投資をすることです。

 

不動産投資で利益を得るための仕組みは大きく分けて2種類あります。家賃収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)の2種類です。

 

インカムゲインは、所有をすることによって、継続的、安定的に得られる利益のことを指しており、この分野であれば、家賃収入にあたります。

 

他方、キャピタルゲインとは、安い時に物件を購入して、高くなったところで売却をし、その差額により不動産投資で利益を得る方法です。

 

どちからと言うと、売却益(キャピタルゲイン)よりも、家賃収入(インカムゲイン)を期待して投資するタイプの方が主流となっています。

 

たくさんあります!不動産投資のメリット

不動産投資のメリット

投資と比べてシンプルで、特別な技術やノウハウは必要ありません。基本的な事柄を勉強すれば取り組むことができます。

 

所得税や住民税を節税

所得税や住民税を節税することもできます。相続税も節税できます。

 

生命保険の代わりになるというメリット

不動産を購入する際に加入が義務付けられている団体信用保険が生命保険の代わりになるというメリットもあります。

 

どのようなメリットがあるのか

不では、メリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

不動産投資は他の投資と比べてシンプルで、特別な技術やノウハウは必要ありません。基本的な事柄を勉強すれば取り組むことができます。

 

例えば、株式投資やFXの場合、難しい投資方法を学んだりする必要がありますが、不動産投資においてはそうした必要はありません。

 

これによって、所得税や住民税を節税することもできます。相続税も節税できます。現金の資産よりも、不動産として資産を有している方が、相続税において有利になります。

 

また、不動産を購入する際に加入が義務付けられている団体信用保険が生命保険の代わりになるというメリットもあります。

 

さらに、不動産投資の分野では、株式投資やFXとは異なり、経済の状況を毎日のようにチェックしたりする必要もありません。投資の対象となっている物件に入居者がいれば、安定収入を得ることが可能です。

 

他に本業がある方でも、取り組みやすい投資です。さらに、他の投資を比較してリスクや資金の面でコントロールがしやすい分野です。入居者がいる限りは、毎月、一定の家賃収入を見込めますので、資金計画も立てやすいと言えるでしょう。

 

物件のタイプは様々

不動産投資のタイプは様々

不動産投資のタイプは様々です。戸建てやマンション1棟、新築マンション、中古マンション、アパートを挙げることができます。はじめに、戸建てやマンション1棟について考えましょう。

 

マンション1棟を丸ごと購入して賃料を得たり、ファミリー向けの戸建て住宅を購入して賃貸したりする不動産投資の方法があります。

 

マンション1棟を購入すると、部屋数がそれなりに多いため、空室が生じることのリスクがそれなりに低くなります。そして、貸し部屋が分散することなくまとまっているため、日頃の管理の点でも楽な面があります。

 

しかしながら、やはり1棟まるごと購入するわけですから、購入金額が大きくなり初期投資は高額となってしまいます。将来物件を手放そうと考えることがあるとしても、販売価格も高くなり購入する層も少ないために、買い手が見つかるまで時間がかかることになります。

 

それで、もともとまとまった資産がある場合に向いている投資方法となります。

 

戸建ての住宅には比較的少額で投資ができる物件もあります。ファーミリーを対象としてリーズナブルな家賃で賃貸すれば、長期入居の可能性もあります。ただ、戸建ての場合はたいてい木造です。

 

鉄骨造のマンションと比較すると老朽化が進みやすいという点は否めません。とりわけ中古の物件であれば、建物の構造や経年劣化について十分に確認する必要があるでしょう。

 

次に、新築マンションについて考えます。マンションを購入し賃貸し、家賃収入を得ることをマンション経営、マンション投資と言います。

 

マンション丸ごと1棟を購入賃貸する場合だけでなく、マンション1室を購入賃貸するのもマンション経営です。新築マンションは、物件次第にはなりますが、評価が高ければ、総額の95%の融資も可能となっています。

 

そのため、少額しか自己資金がなかったとしても新築マンションへの不動産投資を始められる場合があります。新築の優良物件であれば、長期にわたる空室保証を得られる場合もあります。

 

とりわけ、マンションの一室を購入してマンション経営を始めるケースでは少額の頭金でも容易に始めることがきます。

 

ローンを利用しても家賃収入でほとんど返済ができます。しかしながらマンション1棟を購入賃貸する場合とは異なり、マンション1室の場合には入居者が入れ替わる時期などにはどうしても空室状態が生じ、収入を得られない場合がありますので注意が必要です。そのような場合に備えて、空室保証をつけておくこともできます。

 

中古マンションについても考えてみます。中古マンションも新築マンション同様、対象になりますが、新築マンションの購入時と比較して、一層注意深く、物件を選ぶ必要があります。

 

対象となる中古マンション1棟全室を1つの管理会社が行っている場合には、全ての入居者のチェックがなされていますので安心なのですが、そのマンションで1部屋ごとに管理会社が異なっている場合には、1社が責任を持って全入居者をチェックしているわけではないので注意が必要です。

 

例えば、中古マンションの一室ないしは、同じマンションの数室に不動産投資をすることにしたとしましょう。そして、自分が投資する対象のそれらの部屋は、確かにいずれも優良な物件であったとします。

 

しかし、そのような場合でも、そのマンションで1部屋ごとに管理会社が異なっている場合には、1社が責任を持って全入居者をチェックしているわけではないので問題に直面することがあります。

 

管理会社が別々があるがゆえに甘いチェックをくぐり抜け、そのマンション1棟の中の1室でも、暴力団関係者が住んでしまうだけで、不動産投資の対象となっている幾つかの部屋も含むマンション1棟全体の資産価値が下がってしまうということがあるのです。

 

他にも、中古物件の場合、建てられた年代により適用される法律が異なってきますので注意が必要です。

 

例えば、平成12年に住宅の品質確保の促進等に関する法律が定められました。これにより、この法律が適用されることになった物件は10年間保証の対象となりましたが、バブル前後の物件については保証期間が2年間しかないものもあり、中には欠陥物件のようなものもあるのです。

 

さらに、平成13年には、マンション管理適正化法が施行され、分譲段階での適正化措置として、維持修繕に関する計画を作成して、計画的に修繕を実施することを必要としています。しかしながら、その法律の施行以前の物件には、分譲時に修繕計画が立てられていない場合もありました。

 

中古マンションを対象とした物件購入の際には、年代のチェックは欠かせないと言えるでしょう。

 

さらに、アパートについても考えましょう。土地とアパート1棟を購入して、その賃貸収入を得ながらローンを返済し、収益を上げて行くという方法もあります。

 

アパートについてはそれなりの部屋数があるため、多少空室が出たとしても他の部屋からの家賃収入で収入を補うことができるため、比較的安心して不動産投資を行うことができます。

 

そして、土地も同時に手に入れるため、仮にアパートの減価償却を終えたとしても、土地が残り活用できます。

 

ただ、それなりに初期投資の額がかさみますので、ある程度の自己資金が必要となることがあります。

 

リスクにも留意しよう!

リスクにも留意しよう!

不動産投資を成功させるためには、不動産投資のリスクも知っておく必要があります。

 

ここで、幾つかのリスクに注目しておきましょう。

 

はじめに、「地震」リスクがあります。今日、南海トラフの地震や関東での地震のリスクが高くなっていると考えられています。そのため、地震に強い立地であることや、地震に強い物件に不動産投資をすることは重要なポイントとなっています。

 

立地に関しては、例えば、表層地盤のゆれやすさ全国マップなどを活用し、地震での地盤の揺れやすさについての情報を得てから投資対象物件を選ぶことができます。地震に強い物件を選びましょう。1981年以降に作られた新耐震基準の物件を選ぶことがポイントの1つです。

 

興味深いことに、阪神淡路大震災や東日本大震災において、新耐震基準で建てられたマンションで倒壊したものは1棟もなかったのです。さらにもし複数の物件に投資するゆとりのある方であれば、1つの場所に集中して投資するのではなく、分散して投資し、地震リスクを分散させることができます。

 

1棟まるごとマンションを購入するのではなく、マンションの部屋を幾つもの場所に分散して持つといった方法で分散できます。

 

次に、「火災」リスクについても考えておきましょう。木造のアパートを購入して火災になってしまいますと、状況によっては火災が1部屋のレベルにとどまらず、アパート全体に燃え移ってしまうおそれがあります。

 

ところが、鉄筋コンクリートであれば、被害を1部屋にとどめられることがあるのです。そして、鉄筋コンクリートであれば、手を入れれば、新築同様の部屋に改装することも可能です。

 

それで、「火災」リスクを考えると木造の建物ではなく鉄筋コンクリートの建物に投資するのが良いでしょう。また、「火災」リスクを考える時には、立地リスクについても考慮する必要があります。

 

木造の建物が密集しているならどうでしょうか。他が火を起こしたのにも関わらず延焼により損害を被る場合もあります。もし、火元が自らの建物で延焼させてしまうなら、尚のこと、大変な事態に陥ることになります。

 

道路幅にも気をつけたいと思います。緊急車両が入れないような道路幅に投資先の物件が立っているならば、火災などの緊急時に道路幅が十分に確保されていれば起きないような被害が発生してしまう可能性があります。

 

そこで、火災危険度について示されている自治体のマップなども参考にして、木造の建物が密集するようなエリアや、緊急車両が入れないような道路幅のエリアは避けて、火災リスクの低い物件を選ぶようにしてみましょう。

 

ここでは、不動産投資のリスクについて考えています。次は、「借入」リスクです。返済が滞ると行き詰まります。

 

それで、無理のない借入をすることが必要です。頭金が数百万しかないような状況で、1億円などの多額な借入れをすることがないように気をつけたいと思います。もちろん、借入リスクをなくすには、借金をせずに現金で不動産を購入するのがベストではあります。

 

しかしながら、高額な不動産を借金を使わずに購入できる人は限られることでしょう。それで、借入をするにしても、10年以内に資産に占める借入割合を40%にまでもってゆくことがポイントとなります。なぜ、この借入割合40%がポイントになるかと申しますと、借入割合が40%なら、たとえ金利が倍になったとしても、家賃収入だけで対応できるからです。

 

続いて、「賃貸管理会社の倒産」リスクについても検討します。信頼できる賃貸管理会社を選ぶことは重要です。通常、入居する方からの家賃や敷金は一度管理会社に振り込まれます。

 

そのため、万が一賃貸管理会社が倒産するようなことがあれば、入居者から振り込まれた家賃や敷金を取り戻すことができなくなってしまうのです。そのような事態は是非とも避けたいと思います。そこで、安定した賃貸管理会社を見つけて依頼するようにしましょう。

 

では、「賃貸管理会社の倒産」のリスクが少ない賃貸管理会社をどのように見分けることができるでしょうか。

 

「賃貸住宅管理業登録制度」への登録状況を確認しましょう。「賃貸住宅管理業登録制度」とは、入居者からの家賃やオーナーからの敷金を、会社の運転資金とは別の口座に分ける、財産の分別管理を実施していることを判別できる制度のことです。

 

この登録制度に登録していることにより、その賃貸管理会社が受け取った家賃などを分別管理していることが明らかになります。もし分別管理の点で問題があれば改善勧告が行われ、その勧告に従わなかった場合には、登録が抹消されます。

 

「賃貸住宅管理業登録制度」への加入は義務ではありませんので、分別管理をしている全ての企業が登録しているわけではないと思われますが、「賃貸住宅管理業登録制度」の名簿で、登録している会社を確認することができるようになっています。

 

賃貸管理会社を選ぶ際の参考にすることができるでしょう。賃貸管理会社を選ぶ際にはその企業の実績についても調べておきたいと思います。

 

例えば、創業年数の長さを調べてみましょう。賃貸管理業を長く続けているということから、経営が安定しているということがある程度わかります。管理戸数についても確認しておきましょう。なぜなら、管理戸数が多ければ多いほど、オーナーから入手する手数料の総額は大きくなり、一般的に賃貸管理会社の経営は安定するものだからです。

 

倒産の兆候に敏感でありましょう。賃貸管理会社からオーナーに家賃が振り込まれる場合、たいていは毎月決まった日に振り込まれることになっているかと思います。

 

その期日にたびたび遅れが出るようなことがあれば、賃貸管理会社の経営が行き詰っている可能性がありますので危険です。

 

そのような状況であれば、賃貸管理会社の変更を検討するのが得策でしょう。解約の事前の告知期間がどれ位であるかを確認しておきましょう。そして、その告知期間が経過する前の解約の場合には、高額の違約金が取られてしまう場合もありますので確認が必要です。

 

さらに、「滞納」リスクについても考えましょう。「滞納」リスクは、「空室」リスクに比べてリスクが大きくなる場合がありますので留意する必要があります。

 

滞納しているからと言って、すぐに入居者に出ていただくわけにはいかないからです。なかなか出てもらえず、家賃が入らないような状況が何年も続いてしまうとその分の家賃を回収するのはなかなか難しくなります。

 

この点、家賃の滞納が発生した場合には、信頼できる賃貸管理会社に相談することが大切です。中には、滞納保証がある会社もあります。

 

滞納保証の内容は会社によって様々ですが、滞納の発生した月から、すぐに家賃全額が補償され、補償期間が1年程度あるような滞納補償なら良いでしょう。

 

本サイトでは、他にも、「空室」リスクや、「家賃下落」リスクについても扱われています。さらに、不動産投資のリスクは、失敗例を通しても学ぶことができます。

 

本サイトでは、失敗例についても扱われていますので、不動産投資に向けて役立つ、さらなる情報を得ることができるでしょう。

 

はじめてみよう!不動産投資

これまで不動産投資のメリットやリスクについて考えてきましたが、不動産投資について、何か手の届かない難しい世界と感じる必要はありません。

 

必要な知識を身に付け優良な物件を見つけて、あとはその物件を丁寧に管理してくれる不動産管理会社を見極め管理を任せれば良いのです。

 

そこまでできれば、特別な事柄がない限り、通常は毎月のように通帳を確認したり、管理会社からの書類を確認したりするだけで良いのです。

 

賃貸用の不動産投資であれば、地価が低くなることが仮にあるとしても、入居者からの家賃が毎月入っていれば、金融期間に対する返済を基本的には続けることができるので、株などのように価格の上下を毎日のように心配する必要もありません。

 

本業を持っている方でも負担なく不動産投資を行うことができます。余分のお金を銀行に預けて眠らせていても、利息はほとんどつかない時代です。

 

この機会に、不動産投資について検討されてみるのはいかがでしょうか。

はじめてみよう!不動産投資