サラリーマンの不動産投資 簡単にはじめられる副業

考えてみよう「サラリーマンの不動産投資」

不動産投資をするサラリーマンが増えてきています。なぜ、サラリーマンが不動産投資をするのでしょうか。

 

種々の理由がありますが、例えば、不動産投資には、仕事をしなくても収入が入るという魅力があります。

 

収入のためにやむなく現在の仕事をしている方もいらっしゃるでしょう。日々職場まで通い、上司やお客様に気を遣い、疲れきって帰宅します。

 

そんな生活を繰り返していると、家賃収入などで仕事をせずに生活できたらと、不動産投資に魅力を感じるのも無理はありません。

 

他にも、将来年金をもらえるかどうかわからないという不安もあります。国民年金、厚生年金が破綻するのではないかという不安が、安定した収入を得られる見込みがある不動産投資へとかりたてるのかもしれません。

 

サラリーマンは本業があるので、本業において安定した収入が見込まれます。そのため、不動産投資の融資が通りやすく、不動産投資に向けての環境が整っています。

 

どのようなメリットがあるか

サラリーマンが不動産投資をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

不動産投資は、FXや株などとは異なり、時間を割いて日々の経済の状況を細かくチェックしたりする必要がありません。投資の対象となっている物件に入居者がいれば、安定収入が得られます。物件や入居者の管理についても管理会社に委託することもできます。

 

それで、サラリーマンのように他に本業がある方でも、その本業を行いながら、不動産投資を行い、稼ぐことができます。

 

また、サラリーマンの方が不動産投資をする場合には、不動産所得と本来の給与所得と損益通算することが可能です。

 

つまり、不動産投資に関連する費用を計上して不動産経営での年間収支が計算上で赤字になった場合は、給与収入と損益通算をして確定申告をすることによって、納めすぎた所得税を還付させることができるのです。

 

そして、所得税の納税する額をもとに算出する住民税も節税することが可能となっています。

 

実はインフレにも強い!

インフレとなった場合、現金を持っていたとしてもその現金の価値は下がってしまいます。しかしそんな時、相対的に不動産の価値は上がって行きます。そして、家賃についても上昇して行きます。

 

インフレ時には不動産を持っていた方が現金を持っているよりも有利であると言えるでしょう。

 

サラリーマンの方も、この機会に不動産投資について検討してみませんか。

はじめてみよう!不動産投資

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。

PAGE TOP