マンションとアパートどちらがよいか はじめてみよう!不動産投資

アパートのメリットとは?

不動産投資では、マンション1室とアパート1棟のどちらがよいのでしょうか?まず、アパート一棟の経営のメリットを考えてみましょう。アパートとは、プレハブや木造、軽量鉄骨造でされた建物のことです。

 

アパート経営のメリットは、空室のリスクが分散されることです。複数の部屋があるため、収入がなくなることはありません。

 

しかし、マンション1室経営だと空室のリスクが大きくなります。入居者がいなければ、収入はありません。アパート経営の利回りは、中古物件で9〜10%、新築物件で7〜8%と言われており、マンション1室経営は4〜5%と言われています。

 

ですから、収益性はアパート経営の方が高いと言えるでしょう。資産価値もアパート経営は、建物の価値がなくなっても土地が残ります。ですから資産価値がなくなることはありません。

 

しかし、マンション1室経営は、土地持ち分が小さいため、建物価値がなくなると資産価値がほとんどなくなる場合があります。長期的に資産形成するならば、アパート経営が良いでしょう。

 

マンションのメリットとは?

マンションとは、鉄筋コンクリート・鉄筋鉄骨コンクリート等で建設された建物です。ですから、マンションとアパートでは、遮音性や安全性に大きな違いが出てきます。マンションと違ってアパートは構造上生活音がしやすく、住民トラブルになるケースがあります。

 

また、アパートは耐火構造でなかったり、耐震性もマンションに比べると劣ってしまいます。さらに、防犯性で考えてみましょう。

 

マンションは監視カメラやオートロックといったセキュリティ対策が施されているところが多いですが、アパートではほとんどありません。ですから、防犯を考えている女性は、セキュリティ対策があるマンションが人気があります。

 

また、投資マンションは基本的に区分所有なので、管理業務は管理会社が行ってくれます。また、ワンルームマンション投資の場合、手軽に始められるメリットがあります。

 

都心の物件で好立地のマンションの場合は、マンション経営のほうが不動産投資に有利と言えるでしょう。

 

マンションとアパートどちらがよいか?

アパート一棟経営とマンション1室経営はそれぞれメリットとデメリットがあります。そのため、自分が妥協できないポイントや適性に合わせて選びたいものです。

 

自分が住んでいる場所から遠いところに投資物件を購入する予定ならば、管理会社に任せることが可能なマンション経営が向いていますし、自分が住んでいる場所から近いところに不動産投資を購入する予定ならば、アパート経営が良いかもしれません。

 

不動産投資をあまりしたことがなく、リスクを最小限に抑えたい人は、まずワンルームなどマンション1室経営を考えることができるでしょう。

関連ページ

サラリーマンの不動産投資
不動産投資をするサラリーマンが増えてきています。なぜ、サラリーマンが不動産投資をするのでしょうか。種々の理由がありますが、例えば、不動産投資には、仕事をしなくても収入が入るという魅力があります。
セミナーで不動産投資の情報収集を!
不動産投資の分野に関連した知識を収集するために、不動産投資のセミナーに参加するという方法があります。有料のセミナーもありますが、初心者の場合はまずは無料のセミナーに参加してみることができるでしょう。
ブログで不動産投資の情報収集を!
不動産投資の分野でも、情報収集はとても大切です。とりわけビギナーの方の場合には、基礎的な知識から取り入れて行く必要があるのでしょう。様々な方面からの情報収集が必要となりますが、この点で役立つのが不動産投資に関するブログです。
マンション経営を成功させるには?
マンション経営とは、マンションの1室または1棟を購入し、人に部屋を貸して入居者から家賃をもらい、安定した収入を得ることを言います。このようなシステムは、江戸時代の長屋から始まり、日本では400年の歴史があります。
一棟マンションの投資のメリットとデメリットとは?
低金利政策のため、自分の資金を銀行に預けていたとしてもお金が増えません。ですから、近年マンション投資を始める人が増えています。では、一棟マンションを投資するのは自分に合ったものでしょうか?
火災保険は必須なの?
火災保険は、火災・落雷、爆発や破裂、風水害等により建物や家財などが損害した時に損害を補償する保険のことです。建物やマンションなどの不動産の補償の対象になるものを火災保険では保険の対象と言います。
賢いマンションの部屋選びとは?
不動産投資でマンションの1室を購入する人が増えています。これからのオリンピックに向けて不動産価格は東京都内を中心に上昇しています。日本の不動産は、国内の投資家だけでなく、海外の投資家からも注目されています。では、不動産投資で成功するためにはどうすればよいのでしょうか?
初心者が安心して取り組める不動産投資
不動産投資は、難しい投資ではありません。仕組みを理解し、ポイントをおさえて、正しい方法で行えば、初心者であっても成功をおさめることができます。まずは、初心者の方に役立つ不動産投資の知識をおさえておきましょう。
早わかり、不動産投資とは?
不動産投資とは一体何でしょうか。利益を得るために不動産に投資することです。大きく分けて、家賃収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)の2種類があります。インカムゲインの具体的な方法として挙げられるのが、マンション経営、アパート経営、戸建て経営、シェアハウス経営の方法です。
不動産投資、こんな成功例もあります!
不動産投資を安全に行うなら、時間や資産を生み出せる可能性があります。これから、不動産投資の成功例に注目してみましょう。
不動産投資と確定申告
確定申告が必要となる不動産投資家について考えましょう。サラーリーマンが仕事をしながら副業として不動産投資を行う場合、副業の所得が20万円を超える場合には確定申告が必要となってきます。
不動産投資と生命保険を比較してみよう!
不動産投資と「生命保険」を比較するとどんなことがわかるのでしょうか。そもそも、これらが比較の対象になるのでしょうか。はじめは、両者はあまり関係がないのではと思われるかもしれません。
不動産投資にもリスクはあります!
不動産投資にもリスクはあります。不動産投資を上手に行って行くためには、リスクについてもしっかり把握しておく必要があるでしょう。ここで、不動産投資に潜む2つのリスクに着目してみましょう。「空室」リスクと、「家賃下落」リスクです。
不動産投資の際には利回りについて考えよう!
不動産投資についての情報を得る時に、「利回り」という言葉を聞く機会があります。では、不動産投資における利回りとは一体何のことなのでしょうか。それは概ね、不動産購入(または建築)にかかる費用に対する当該不動産の年間収入の割合のことを指しています。
不動産投資の失敗談にも注目してみよう!
不動産投資の失敗談から教訓を引き出せば、同じような失敗をすることなく、堅実に不動産投資を行うことができます。ここでは、2つの失敗談から学びましょう。
不動産投資の失敗例から学ぶことも大切
不動産投資の分野でも、成功例を目にする機会はたくさんあることでしょう。しかし、失敗例にスポットがあたることはあまりないかもしれません。しかし、投資の失敗例から学ぶことも大切です。
不動産投資の節税の仕組みとは?
不動産投資によって節税できる場合があります。はじめに、所得税の節税の仕組みについて考えましょう。例えば、個人で行っている不動産投資でも、一定の節税効果を見込めます。
不動産投資ローンで気になる点とは?
不動産投資ローンとは、アパートやマンションを投資用で購入するにあたって受ける融資のことを指しています。一般的にはその投資用不動産を担保にし、返済は投資物件から生まれる家賃収入を充てます。
不動産投資信託とは?
不動産投資信託とは、投資信託の一種です。投資家から集めた資金で様々な不動産を購入します。そして賃貸収入や売却収益を投資家に配当として還元する仕組みとなっています。2000年の投資信託法の改正により、不動産が投資信託の運用の対象とすることが認められるようになりました。