早わかり「不動産投資とは」の知識について解説します

不動産投資とは?

不動産投資とは一体何でしょうか。利益を得るために不動産に投資することです。

 

大きく分けて、家賃収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)の2種類があります。

 

インカムゲインの具体的な方法として挙げられるのが、マンション経営、アパート経営、戸建て経営、シェアハウス経営の方法です。

 

キャピタルゲインとは、安い時に物件を買い、高くなったところで売る、そして、その差額で利益を得る方法です。

 

他の投資と比べてみると?

「不動産投資とは?」と問われたら、どんなイメージを持ちますか?

 

実は不動産投資は他の投資と比べてシンプルであると言えます。まず、不動産投資を行うのに、特別な技術やノウハウは必要ありません。基本的な事柄を勉強すれば取り組めます。

 

例えば、FXや株式投資の場合、難しい投資方法を学んだりする必要がありますが、不動産投資においてはそうした必要はないのです。

 

不動産投資の分野では、FXや株式投資とは異なり、時間を割いて日々の経済の状況をチェックしたりする必要がありません。投資の対象となっている物件に入居者がいれば、安定収入が得られます。

 

過度に時間を割くことなく取り組めますし、他に本業がある方でも、本業に打ち込みながら、サブ的なビジネスとして、不動産投資を行うことができます。

 

さらに、不動産投資は、他の投資を比較してリスクや資金の面でコントロールがしやすい分野であると言えます。不動産投資のリスクのほとんどは、注意すればあらかじめ対策を取ることができます。

 

入居者がいる限りは、毎月、一定の家賃収入を見込めますので、収入の見通しがわかりやすく、資金計画も立てやすいと考えられます。

 

不動産投資にはどんなメリットがあるの?

不動産投資のメリットとして、安定的な収益を挙げることができます。賃貸の需要が減少しない地域の物件を上手に選べば、安定的に家賃収入を得られる見込みがあります。

 

他にも、不動産投資によって、所得税や住民税を節税することができます。さらに、不動産投資によって相続税も節税できます。

 

現金で資産を持っているよりも、不動産として資産を有している方が、相続税において有利になります。加えて、不動産を購入する際に加入が義務付けられている団体信用保険が生命保険の代わりになるというメリットもあります。

 

不動産投資には、こうした様々なメリットがありますので、この機会に不動産投資を検討してみることができるでしょう。

はじめてみよう!不動産投資