賢いマンションの部屋選びとは 不動産投資で重要

不動産投資にはマンションの部屋選びが大切?

不動産投資でマンションの1室を購入する人が増えています。これからのオリンピックに向けて不動産価格は東京都内を中心に上昇しています。

 

日本の不動産は、国内の投資家だけでなく、海外の投資家からも注目されています。では、不動産投資で成功するためにはどうすればよいのでしょうか?

 

不動産投資で成功を収めるには、マンションの部屋選びが大切です。マンションの部屋選びをよく検討し、空室になりにくい物件を選ぶならば、収入が安定しますし、資産価値も高くなります。

 

そのためには、借りる人が借りたいと思うようなマンションの部屋でなければなりません。しかし、自分で住みたいと思うようなマンションの部屋選びをしないようにしましょう。

 

なぜなら、自分では日当りの良さや角部屋のマンションの部屋が良いと思っていても、借りる人の希望は日中は部屋にいないため、日当たりよりも駅から近いことや、家賃が高くない部屋を選びがちだからです。ですから、部屋に住む人の目線で物件を選びましょう。

 

部屋選びで気を付けることとは?

マンションの部屋選びで気を付けることの1つは、利便性があることです。不動産投資で購入するマンションは、マンションから駅までの距離が徒歩10分以内の物件を選びましょう。

 

会社に勤めている人は会社からマンションまでの徒歩分数が近いことを条件の一つにしている人がいますので、徒歩分数はできるだけ近いほうが良いでしょう。

 

また、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど日常生活の利便性もあると需要が高くなります。ファミリータイプのマンションであれば、病院などの公共施設が近いのも選ばれるポイントです。

 

さらに、マンションの部屋選びで気を付けることは、マンションの管理がきちんとされているかどうかです。

 

マンションの管理体制や、定期点検をきちんとされているマンションかどうかを確認しましょう。また、防犯のためセキュリティ対策がされているかも大切です。オートロックや防犯カメラが設置されているマンションであるならば、女性や男性も借りたいと思うポイントになるからです。

 

購入後の管理も大切

マンションの部屋選びで成功するには、購入後の管理も大切です。もし、投資したマンションが空室になった場合、すぐに対処し入居者を見つけなければなりません。

 

家賃を回収したり、入居者のトラブルに対応したりしてくれる必要も生じます。そのためには、購入したマンションの部屋の管理をしてくれる不動産会社などを選ぶことは大切と言えるでしょう。

はじめてみよう!不動産投資