不動産投資に初心者が安心して取り組めるサラリーマンでもできる

不動産投資で利益を得るための仕組みとは?

不動産投資は、難しい投資ではありません。仕組みを理解し、ポイントをおさえて、正しい方法で行えば、初心者であっても成功をおさめることができます。

 

まずは、初心者の方に役立つ不動産投資の知識をおさえておきましょう。

 

不動産投資で利益を得るための仕組みは大きく分けて2種類あります。家賃収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)の2種類です。

 

インカムゲインは、所有をすることによって、継続的、安定的に得られる利益のことを指しており、不動産投資の分野であれば、家賃収入にあたります。

 

他方、キャピタルゲインとは、安い時に物件を購入して、高くなったところで売却をし、その差額により利益を得る方法です。

 

初心者の方が取り組みすい不動産投資の方法は?

初心者の方が取り組みすいのはインカムゲインであると言えるでしょう。なぜなら、キャピタルゲインの場合、先が読みにくく、物件価格が急に値下がりして、そもそも利益が出せないどころかかなりの負債を抱えてしまうというリスクがあるからです。

 

バブル経済崩壊当時の日本を思い出されることでしょう。当時、キャピタルゲインを求めて不動産投資が流行りました。しかし、バブル経済が崩壊し、多額の借金を抱えてしまった投資家がたくさんいたのです。

 

インカムゲインの方が初心者でも長期的に安定した収入が見込めます。インカムゲインに取り組むにあたり、特別なスキルや経験も必要ありません。

 

家賃収入は賃貸需要には影響されるものの、景気には左右されにくいため、家賃収入が激減するという自体にはなりにくいので安心です。

 

インカムゲインを得るには

インカムゲインを得るための方法として、戸建て経営、アパート経営、マンション経営、シェアハウス経営の方法があります。

 

戸建て、アパート、マンション経営は、自分が所有している土地に新しく戸建てやアパート、マンションを建築したり、土地と建物の両方を購入してから戸建てやアパート、マンションを建てたりして、家賃収入を得て行く方法です。

 

続いて、シェアハウス経営は、自分の所有する建物(マンション1室や戸建て)をシェアハウスとして賃貸し、家賃収入を得て行く方法です。

 

シェアハウスとは、複数の入居者が1つの物件の中で共同生活を送る住み方です。それぞれの入居者が個室を持ちつつ、キッチンやリビング、トイレやお風呂は共有します。

 

初心者の方はこうした幾つかの方法を活用し、不動産投資に取り組むことができるでしょう。

はじめてみよう!不動産投資