不動産投資と生命保険を比較 メリットとデメリットとは

不動産投資と「生命保険」を比較すると?

不動産投資と「生命保険」を比較するとどんなことがわかるのでしょうか。そもそも、これらが比較の対象になるのでしょうか。

 

はじめは、両者はあまり関係がないのではと思われるかもしれません。

 

しかし調べてみると、両者には共通点も相違点もあり、比較の対象になると言えます。

 

知っておきたい共通点は

はじめに、不動産投資と「生命保険」の共通点を考えてみましょう。

 

いずれも財産を残すことができるという共通点があります。不動産投資の対象となっている物件は、相続されることによって引き継がれて行きます。

 

生命保険では、契約で保険金があらかじめ定められていますので、その額が保険会社から指定されている方に支払われます。

 

さらに、相続税の計算において、いずれも優遇措置があります。不動産投資の対象となっている物件の場合、相続税評価額は時価より低い路線価などで評価されるため、お得ということになります。

 

生命保険においては相続税の計算上みなし相続財産として課税の対象となるのですが、一定額の非課税枠が設けられているため、現金で財産を残しておくより税負担を減らすことができるのです。こちらもお得です。

 

知っておきたい相違点は

生命保険の場合と異なり、不動産投資の場合には、財産と定期収入の両方を得ることができます。所有者が死亡した場合、賃貸不動産物件を残すことができるなら、遺族などに、不動産という財産と、定期的に入る家賃収入を残すことが可能になるのです。

 

確かに、生命保険でも一時金の支払いではなくて、定期的に収入が得られるように分割払いにできるものもありますが、不動産を残すことはできません。

 

不動産投資をおこなうときは、多額の資金が必要です。自己資金以外は金融機関でローンを組むことになります。その場合、一般的には、生命保険ではなく、団体信用生命保険という保険に加入してから融資を受けます。

 

この保険はローンを借りている人が死亡した場合や重い病気にかかってしまった場合、保険会社から死亡保険金としてローンの残債と同じ金額が融資を行っている金融期間に支払われるという仕組みの保険です。

 

これが適用されれば、ローンがなくなった物件を残してあげることができるのです。すでに加入している生命保険があれば、それを見直したとしても、十分な保証を受けることができるようになりますので、不動産投資に伴い団体信用生命保険に加入できるということにはメリットがあります。

はじめてみよう!不動産投資

■ 当サイト運営者については⇒ 運営者情報よりご覧ください。お問い合せもこちらからお願いします。

PAGE TOP